2006年07月24日

盲導犬引退の後に

2006_0724_003.jpg



もんは、栃盲で53日で譲っていただいたワンコです。
それ以来、栃盲とはあまりかかわりを持たずに暮らしていました。
パピーウォーカーをしてくれないかと連絡があったことも
ありました。でも、1歳まで手塩にかけて育てた子を
協会に戻してしまうなんてワタシにはできないと思い
(割り切れなかったのです)断ってしまい
犬舎の掃除や犬のシャンプーのボランティアも、
遠くて日帰りできないからと断り、結局我が家では
毎年少しばかりの寄付をしてきただけです。


寄付をしたから、ハイおしまい、、と考えていたわけでは
ないのですが、その寄付は、盲導犬育成や引退犬
盲導犬にかかわってきた全ての犬に使われているとつい最近まで
思っていました。
でも最近、引退犬のお世話にかかる費用は
全て引退犬を引き取った家族の方が負担しているという事を
知りました。


盲人の方の体の一部となって働いた犬達です。
育成のときにだけ国費や皆様のご寄付を使うなんて。
まるで使い捨てみたいで、やるせない気持ちでいっぱいです。


我が家でも2頭のシニアワンがいます。
若い頃にくらべて、はるかに医療費もかかります。
少しでも、穏やかな暮らしが出来る事を考えると
それなりに費用もかかります。
ですので、引退犬ボランティアの方の出費は大変なものと
察します。病気が元で引退する子もいるのです。



このたび引退犬にかかる医療費などの負担の一部でも
軽減できればとカレンダーを作ったそうです。
売り上げは製作にかかる費用を除くすべてが
引退犬の医療や介護費支援に使われるそうです。
もし、よかったら、このカレンダー販売にご協力
いただけないでしょうか。




どうぞよろしくお願いいたします。

  
引退犬の部屋から詳細をごらんください犬(笑)

 http://www3.kcn.ne.jp/~y-fami/       

ニックネーム 太陽 at 18:42| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも見に行きました。
もんちゃんも盲導犬協会から、来た子だったのね。。

引退犬。

働いて働いたあとは、使い捨てなんて。。
なんて国でしょうね。

できれば、引き取りたい気持ちはあるのですが、シニアだけを面倒見るのは、嫌だ!という意見もあり、わたしも引き取れません。。

せつないね。。
Posted by 鈴 真由 at 2006年07月24日 20:09
今、予約してきました。
ささやかな協力しかできませんが少しでも
お役に立てたら・・・
ブログのお友達はパピーウォーカーを経て
その子が家庭犬に向いているということになり
今は家族として暮らしています。
そこで盲導犬についていろいろ知ることができました。
人間のために役にたってくれた引退犬にも
是非幸せな最後をおくらせてあげたいです。
介護の苦労もお別れする辛さも乗り越えて
ボランティアしてくださる方には頭が下がりますね。
Posted by dandyママ at 2006年07月24日 20:11
かわいいカレンダーですね。
私も、完売しないうちに予約しようかしら。

引退犬は今度は、人間に十分労ってもらう番ですよね。
私もいつか、引退犬と暮らしたいなぁと思います。
Posted by ai★ai at 2006年07月24日 20:16
☆鈴真由さ〜ん


ほんと、なんて国だろう。
ワタシ、盲導犬に対しては少し思うこともあり、でもそれを口にすると、よっぽど説明上手に書かないと、誤解を受けそうな発言になるからやめているの。

やっぱり日本はペット先進国ではないんですね。

もん、お転婆だったけど、とても飼いやすい子だったし、じゅんも育ててくれました。
もんのお里ですし、恩返しはいつかしたいとは思ってるの。
引退犬も引き取ろうかと。でもわかりません。
もちろん、もんじゅんがいる間は無理ですし。
それにもん、じゅんがいなくなった時、
ワタシがどのくらいの精神的状態に
なるのかがわからないので、引き取れないかもしれない。
シニアワンと暮らす事は、時として身を削られる思いになってしまうんです。
また、小さい頃から一緒に生活していた子の
シニア生活と、大きくなってからポンと
我が家に来たシニア生活とでは違うかも
しれませんけどね。



Posted by 太陽 at 2006年07月24日 20:35
☆dandyママさ〜ん


予約、してくださったんですね。
ありがとうございます。
ワタシも明日実家に帰りますから
注文とってきます。

パピーウォーカーは、お預かりしてる
ワンちゃんなので、自分のワンではないのですが、ワタシはそれを混同してしまいそうで。
それに、ほかにも思うことはあるのですが、
説明を上手に書かないと誤解されては
いけませんのであえて書けないのですが
ワタシにはむいてないようでパピーウォーカーはやめました。

お友達の方は、すばらしいお手伝いをなさったのですね。
盲導犬にならなくとも、盲導犬育成のお手伝いって立派なボランティアですね。

ほんと、頭が下がります。
介護も長いと大変ですし。
幸せな老後を過ごさせてあげたいです。
盲導犬でいる間は、遊びたくても遊べない犬らしい生活はあまりしてないのですから。

Posted by 太陽 at 2006年07月24日 20:41
☆ai★aiさ〜ん

そうです。
盲導犬でいる間は、お役目のストレスもあったとおもいます。
以前テレビでみたのですが、暑いさなか、
砂浜をお散歩してる盲導犬がいました。お仕事中でした。
ワタシだったら、暑い季節の砂浜を、素足で歩かせるようなことはしません。


老後をのんびりと過ごさせてあげたいです。
ワタシもどうなるかはわかりませんが
恩返しはしたいと思っています。

Posted by 太陽 at 2006年07月24日 20:44
こんにちわ!
Posted by pussy_cat777 at 2006年07月24日 21:40
いぜんTVで引退した盲導犬の老犬センターのような施設を見た事があります。
数頭の引退犬がいてそれを女性一人お世話されていました。
それを見た時何か物悲しく感じてしまいました。

HP、ゆっくり見てみますね。
Posted by チャーチャ at 2006年07月24日 22:00
そうだったんだ・・・。
もんちゃん、そんな経緯があったんだね・・・。

でも、その話聞いて私も納得いきません!
よく、スーパーのレジあたりに盲導犬の寄付の募金箱あるでしょ・・・。あれにはよく入れてるんだけど、はっきり育成の為と思ってしてきたけど、よく考えたら、引退後だって大切だよね・・・。引退したから「はい、さよなら」ってもんじゃないよ!そんなことって人間のすることじゃないよ!目の見えないひとの為に一生懸命働いてきたのに・・・。
そりゃあ、シニアはお金かかるの当たり前ですよね。それを知らん顔なんて・・・。
許せんです・・・。

私の小さい寄付なんかじゃ役に立たないかもしれないけど、私も協力させてもらいます。
でも、納得いかん話よね(怒)
Posted by ポムモモ太郎 at 2006年07月24日 22:56
引退犬のHPみましたよ〜
サンちゃんをうちの子にする前に
リタイヤ犬を引き取ろうかとか思ってました
ヨコハマのほうに盲導犬協会があるんだわ
でも勇気がなかったのね・・・
ゴロを亡くしたばかりだったし
ホントに迷いました

今 うちの近くにパピーウォーカーさんもいるんだわ
1歳になったらお別れなんて やっぱり出来ない これも勇気がいることだよね
その人は2頭目だっていってた
もう辞めようと思ったけど頼まれたって言ってた、
でも やるならパピーウォーカーよりリタイヤ犬だと今も思ってるよ
今も迷ってる・・・
難しいよね お金の事じゃないよん (貧乏だけど)

ちなみにカレンダー予約しちゃったよん。
じゃ また〜
Posted by ゴロママ at 2006年07月25日 00:52
☆チャーチャさ〜ん

北海道に老犬ホームがあるそうですね。
わたしもドキュメンタリーを見ました。
その時はひとりで5頭くらいの子を
診ていました。大変そうでした。

シニアになると、赤ちゃんのように手が
かかります。

国がもっと助成金を出してくれればいいのにね。犬を物として考えているようでやるせないですね。

Posted by 太陽 at 2006年07月25日 10:01
随分とご無沙汰しておりました。
ゆるゆる浮上してきましたよん…

私もお友達の分と合わせて、注文しようと思ってるの〜
イラストもとっても可愛いよね…

大好きな人間の為に、一生懸命働いてくれたわんこ達。
その子達が、快適な生活を過ごすためのお手伝いが
少しでも出来たらと思うわ…

べんちゃん、だいぶん元気が出て良かった…
やはり夏という季節は、シニアには辛い時期なんだね…
うちのお嬢さんのアンヨの調子も、あまり良くないです。

まだ食欲バリバリだから安心してるけどね…
早く、夏が終わって欲しいな〜
Posted by らぶはな at 2006年07月25日 10:09
☆ポム3っ


ワタシも、びっくりしました。
何の補助もでないのよ??
政府って何考えてるんだろう。

ほんと、役目を終えたらさようなら、、
なんて、、。
この引退犬のことって、あまり知られてないように思うので、実際ワタシもこの間初めて
知ったんです。(補助がでてないということ)

引退犬を充分な補助もできないのなら、
むやみに盲導犬を作らないで欲しいです。
シニアワンは心も体もデリケートだから。

Posted by 太陽 at 2006年07月25日 10:09
☆ゴロママ〜


hp、復活したね♪
hpからのメルアドでメールだしたんだけど
届いてる?もしかして届いてないかな?
今、夫のノートパソコンでしかネットできないので、自分のにはゴロママのアドレスが
書いてるんだけど夫のには書いてないから。
今日から3日ほど家を留守にしますので
また戻ってきたらメールするね。ここに書いてごめんね。


わかります。
ゴロちゃんの死、愛するワンの死の後、
引退犬(長くは生きないであろう)を
引き取るのは精神的に辛いよね。
ワタシも、恩返しをするなら引退犬をと
思っていますけど、そのタイミングが難しいと思っています。


パピーウォーカー、、、協会のワンコだから
自分のワンコではないと思っていても、
お世話する時は、自分のワンコと思って
お世話しないと勤まらないでしょう。
その割りきりがワタシにはできなくて
やめました。

うん、引退犬は難しいね。
お金じゃないんだけどね、なんかわかるよ。

うちもカレンダー予約します。
今親戚にも声かけて注文あつめています。

Posted by 太陽 at 2006年07月25日 10:17
☆らぶはなさ〜ん


心配していたよ〜。


良い話ばかりが取り上げられてるように思います。
知り合いで、栃盲にボランティアをしてる人がいますけど、悲しい話も聞きました。

年老いていく犬と生活するのは
大変なことです。小さい頃から
育てているもんじゅんの老化現象でさえ
落ち込む時あるから。
ボランティアさんには本当に頭が
さがります。

はなちゃん、足の調子よくないの?
ご飯沢山食べるのなら安心だね。
べんちゃんは食欲が少し落ちてるんだって。
体重も40キロ超えていたのに(1年前は)
今は5キロ落ちたそうです。
早くすずしい秋になればいいね。
はなちゃん、頑張ってね。
応援してます!

Posted by 太陽 at 2006年07月25日 10:30
カレンダー、先にターミ姉さんのところで見てきました。
家に帰ったら注文しようと思ってます。(今、仕事中笑)
なんで最後まで国は支援しないんだろう、
腹立たしい無駄使いいっぱいあるのにね、
税金高くても納めるから
使い道を選ばせて欲しいです。
Posted by sachi at 2006年07月25日 10:49
私は少しの寄付しかしたことがないです
その少しの寄付でもお役に立って欲しいと、役に立っていると思ってたのに引退犬の費用は引き取った家族の方が負担してたんですね
国の政策にはおかしな事ばかりです
育成するにも費用はかかると思います、だけど老犬のお世話も病院代とか結構かかるのに…

少しでも引退犬のお役に立ててくれればとカレンダー予約しました
Posted by りっこママ at 2006年07月25日 14:51
太陽さん、こんばんは!

凄く為になる記事を読ましてもらいました。(尊敬!) 私もパピーウォーカーは出来ないと思います。出来ても、結局は全部最後まで育ててしまい犬だらけになりそう・・・。私も太陽さんの気持ちに賛成です! 引退犬もちゃんと最後まで国で面倒を見て欲しいですね。私もカレンダーを買います! そう、先日《盲導犬・クイールの一生展》と言うのに行ってきました。色々な人々の協力があるんですよね。でも、まだまだ足りていないのも現実だそうです。カレンダーの事、私のブログでも記事にしてみます。

そうそう前のコメントの事ですが、ラーメンはタン麺でしたね。私は辛い物が大好きだから反応してしまいました・・・。坦々麺の間違いです。タン麺も大好きです。べんちゃんも元気になって良かった☆
Posted by YUSUKE at 2006年07月25日 21:06
私も最近まで、引退犬を引き受けたらそれなりの補助があると思ってました。
でもそうではないのよね。。。
ほんのわずかの補助金を出す協会(支部?)もあるらしいけど、ひと月のフード代にもならない金額でした。

今はこういうことでしか協力できないけど、子供たちがもっと大きくなって、家の中が静かになったら、引退犬を引き受けることも考えたいわ〜
シニアワンコ、大好きだもん♪

↓べんちゃん、がんばってるね!
きっと元気になるよね!
べんかあさんからのメッセージ読んで、うるうるきちゃいました。
べんちゃん、べんかあさん、がんばれ〜!
Posted by こまま at 2006年07月25日 22:50
私もターミ姉ちゃんのところで、カレンダーのことを知り、早速注文しました。
それと、今回引退犬に補助がないことも初めて知りました。
盲導犬を育成するってことは、引退後もちゃんと考えるってことでしょう・・命あるもの、機械じゃないんだから使い捨てなんて許せない。

引退犬を引き取るということは、肉体的にも精神的にも、そして経済的にも大変なことです。
せめて、経済的なことだけでも負担を軽くするような補助があって当然ですよね。
腹立たしい思いと同時に、お世話されていらっしゃる方々に頭が下がります。
Posted by ルルまま at 2006年07月26日 14:45
☆sachiさ〜ん


こういうところに税金使って欲しいね〜。

ほんとほんと。
使い道を選ばせて欲しいよね。

それにしても、このカレンダーの
ラブラドール、可愛いね。
こういうカレンダー欲しかったの。
ワタシも今日注文します。

Posted by 太陽 at 2006年07月27日 18:32
☆りっこママさ〜ん


盲導犬を作るなら、使命を終えた犬が
亡くなるまで金銭的にも面倒を見て欲しいですね。

だいたい、病気が出てお仕事できないからと
引退する犬もいるのです。
病気が元で引退した子には、ボランティアが
病院に連れて行ってくれるだろう、、なんて考え悲しいですね。
ワタシもつい最近この事実を知りました。
いろんな人が知ることにより、もっと
血がかよった盲導犬協会ができればいいなと思いました。

Posted by 太陽 at 2006年07月27日 18:39
☆YUSUKEさ〜ん

ワタシも恥ずかしいことに
つい最近この事実を知ったのです。

北海道にある盲導犬の老犬ホームの事を
見たことがあるのですが、1人に対して
5頭くらいかかえていて大変そうでした。
今思えば、引退犬に金銭補助がでないというのもこの老犬ホームの事から見てもやっぱりね、、と思います。

盲導犬を作るのも大切だけど、
使命を終えた犬の事も考えてあげる余裕が
国にはないのでしょうか。
悲しいですね。

ワタシも今日注文だします。
届くのが楽しみです!

べんちゃんがんばってるみたい!!
アッシュくん、元気にしてますか?
毎日はっきりしない天気だね。

たんたん麺、食べてみたいです♪♪
辛いの苦手なんだけど。笑

Posted by 太陽 at 2006年07月27日 18:45
☆こままさ〜ん

補助金を出す協会もあるんですね。
シニアって、病院かようこと多いものね。
お金もそうなんだけど、一緒に暮らしていて精神的にも行き詰ったりしないのかな。
引退犬の部屋では、孤立奮闘していると
(ボランティアさんが)書いてあったことがあり、なんとなくその様子がわかって、気持ちがぎゅっとなりました。

こままさんも、引退犬を引き取ることも
視野に入っているのね。


べんかあさん、今日も電話あったよ〜。
べんちゃん頑張ってるって!
今日は朝少しだけお散歩したそうです!!

Posted by 太陽 at 2006年07月27日 18:52
☆ルルままさ〜ん

そうなの!!
盲導犬を作るなら、引退した後の事も
考えて欲しい。
それが一番悲しいです。
使い捨てみたいで。

シニアと暮らすのって、かなしいこともあるでしょう。
ワタシも、もんじゅんが若かった頃には
考えられないけど、今はちょっとした老化現象を見ても悲しくて涙がでたり、お散歩でいっぱい歩いただけで嬉しくなったり、喜びと悲しみが常に同居していて精神的に弱いワタシは
本当に試練の毎日です。
だから、二つ返事では引退犬と暮らすとはいえないんだけど、いつか、、とは思ってます。

本当にお世話してる方って、気持ちが大きな優しい方と思います。

ワタシも今から注文してきます!@カレンダー


Posted by 太陽 at 2006年07月27日 19:02
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/386020
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック