2007年10月23日

またまたコスモス

日曜日親戚のお見舞いの帰りに昭和記念公園に
また行って来ました。
この間行った時に綺麗なコスモス畑を見ていたら
もんが明るく笑ってた顔が浮かんできて、心が落ち着きました。
もう一回くらいコスモスを見たいな〜と思い、またまた
見に来ました。




とても綺麗でした。
2007_1023_001.jpg




じゅんを連れてると声をかけてくれて、
12歳には見えないねぇ、、と言ってくださいます。
私にはシニア特有の味のある顔に見えますが、じゅんが
若く見られたり女の子に間違えられたりする事はとても
嬉しく思っています犬(笑)
2007_1023_001.jpg





じゅんの顔・・・・・なんとも可愛らしい顔(メロメロ)
2007_1023_003.jpg




もうすっかり秋でした。
2007_1023_004.jpg



yukoさんの愛息ウイリーくんが天使になりました。
ウイリーくんの優しいまなざしとお顔が大好きでした。
yukoさんとご主人の献身的な介護も心を打たれました。
大きな愛に包まれていたウイリーくん。
ウイリーくん、忘れないからね。
もうもんちゃんに会えたかな。
もんの事よろしくね、一緒に遊んでちょうだいね。
ありがとうウイリーくん
心からウイリーくんのご冥福をお祈りいたします。








ニックネーム 太陽 at 20:25| Comment(18) | もんとじゅんの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もんのお骨のこと

もんのお骨は1階のリビングに置いています。
お水をあげてお花を飾りお線香をたいています。
49日までは、寝る時もんのお骨を寝室にまで持って行き
一緒に寝ていました。
49日過ぎたら、不思議と寝室まで持っていこうという
気持ちがおさまりリビングに一日中置いています。



もんは30キロ弱ありました。
お骨を焼いた時も、この子は骨量がありましたね、と言われるほどで
ずっしりと重いもんを家に持って帰ってきました。
その重さが余計辛さを誘いました。こんなに骨も綺麗で
痩せもしなかった子なのに、、って。
ずっしり重いもんのお骨を2階の寝室に運ぶたび、その思いが頭から
離れませんでした。




昨日もんのお骨の下に敷いている敷物を取り外し
新しいものにセットしようともんのお骨を持ち上げたら
とても軽いんです。
え?こんなに軽かった?
私はそう思いました。
なんだか、もんの魂はこのお骨にはもうないように感じました。
不思議なんだけど、そして勝手な思い込みかもしれませんが
もんは成仏してくれたのではないかって思います。




愛する我が子(愛犬)を亡くした人で同じように感じた方が
おられましたらお話きかせてください。
2007_1023_000.jpg



ニックネーム 太陽 at 20:18| Comment(24) | もんとじゅんの事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする